2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

2018年12月 3日 (月)

食事や栄養の相談拠点と管理栄養士

10月の日本公衆衛生学会での自由集会では
「地域の相談拠点を考える-薬局の食事相談の場合-」というテーマで、
地域で食事や栄養のことを気軽に話したり聞いたりできる
”ひとづくり”や”しくみづくり”の可能性を検討しました。

昨今、薬局に雇用される管理栄養士が増えているようです。

地域住民による
主体的な健康の維持・増進をサポートする場の一員として
管理栄養士が身近な存在になることが期待されていることの表れかもしれません。

インターネットで、薬局の管理栄養士を「強み」にして、
利用者に訴求している言葉を調べました。

“食事に関する相談” 
“栄養相談”
“食生活改善のアドバイス”
“ダイエットのアドバイス”
“生活習慣の見直しについて管理栄養士がアドバイス”
“高血圧、糖尿病などの栄養相談”

“健康食品、サプリメント選びのアドバイス” 
“黒酢の試飲と栄養相談” 
”健康測定会と栄養相談“
“AGEsの蓄積を予防するお食事や生活習慣に関するアドバイス”
“介護(治療用特殊)食品・補助食品の提案”
 “献立レシピの提案”

“介護予防のお食事” 
“嚥下対応食の指導”
“訪問栄養指導”
“栄養通信”“栄養新聞” 等々

このように、薬局の管理栄養士が“できること”として、
表現される言葉は多岐に渡っています。

しかし、「人間栄養」を真摯に考えようとしている私たちにとっては、
何か違和感を覚えます。
なぜでしょう。

「人間栄養」の主題は
“目の前にいる人の栄養状態をどうするか”
ということで

その具体的な活動の心がまえは、この細谷氏の言葉に表現されています。

その人が何を望んでいるのかを探し出して、それに対応していくことが重要です。
 病気を治したい、健康になりたいという気持ちを汲み取って、また、その方向で
 何をどう食べていくかを納得してもらって、それを実行していくことです。

  「人間栄養の実際-栄養状態と食事-」細谷憲政著(2008年) P2

この文章には、
“対象者の意向”
“探す(アセスメント)”
“よくなりたい(悪化しない=維持・改善)”
“対象者の納得”
そして
“実行していくこと(継続)”
このような言葉が並びます。

薬局の管理栄養士を「強み」にして、利用者に訴求している言葉と、
「人間栄養」では、明らかに異なることがあります。
薬局の管理栄養士ができることは、
利用者に何かを提供しようとすることに軸があります。

しかし「人間栄養」では、一方通行ではなく、
利用者と管理栄養の間には双方向のコミュニケーションが、必ずあります。

薬局での管理栄養士の役割は、
単なる情報提供だけに終わってしまってよいのでしょうか。

地域住民の方々が、
「管理栄養士と出会えてよかった。」と実感する結果を
たくさんもたらすことができていけば、

薬局の管理栄養士の存在感が、より大きくなっていくのではないでしょうか。

"えいようさん"のミッシー

2018年11月20日 (火)

次は30日頃

やっと秋らしい季節になってきました。
このブログを読んでくださる皆さま、
いつもありがとうございます。
最近は、10日おき位にアップしておりますが、今回少しお休みです。
30日頃次回のアップとなります。
秋のひとやすみです。
皆様も季節の変わり目ですが、どうぞお体にはご自愛くださいね。
"えいようさん"のゆうさん

2018年11月 1日 (木)

薬剤師と管理栄養士が連携するということ

10月25日に、日本公衆衛生学会にて自由集会を開催しました。

テーマは、「地域の相談拠点を考える~薬局の食事相談の場合」
実際、地域を拠点に「健康屋」を目指した薬局の活動として、
薬剤師と管理栄養士が一緒の場で、相談に応じている事例をお話ししていただきました。

2018_2

管理栄養士が、
地域の中で「食事相談に応じる」ということは、
普通にされていることかもしれませんが、
薬局にくるような方が対象というのは、実は難しい。
単なる健康相談ではないのかもしれませんね。
ここからは、この薬局の薬剤師さんと管理栄養士さんが実例としてお話されたことを、
フィクションとして想像で少し広げながら、
連携ができたケースとして紹介します。
***********
薬局に来る方というのは、
体調が悪かったりすることがまず理由で、病院や診療所にまず行って、
待って、検査して、診察してもらって、お金を払って処方箋をもらって、薬局にきます。
診察時のお医者さんの言ったこと、
看護師さんが言ったこと、
病気のことが頭の中をグルグルしていたり、
ちょっとホッとしていたりした後に、
もしかしたら少し惰性のようなまま、薬局にやってくるのかもしれません。
薬局で服薬状況も聞かれた際には、
「食後に、きちんと薬を飲んでいます」と回答するかもしれません。
慢性疾患の患者さんは、
医師の前では「患者」という役割を演じる、
と専門家の方がお話しされていたのを聞いたことがあります。

つまり、
先ほどまで「患者」としての役割でいた、この方は、
惰性のまま「患者」として、
「お薬」と言われたら、患者として「きちんと飲んでいる」と、
答えるのも分かる気がします。
本人としては、嘘ではないのです。
いつもお世話になっている医療者に対して、「患者」としての役割を完遂しようと、
「きちんと飲んでいる」と応えたくなるのではないでしょうか。

管理栄養士が、
食事療法ではなく、
食生活を支える立場として、
そんな時に「毎食、お食事を取られていますか?」とお聞きしたら、
「朝はゆっくり起きるので、昼と一緒で、後は夕食です」のような
実は2食しか食べていないと回答が返ってきました。
あれ?、お薬は食事ごとに食後の計3回服用するはず・・・
と、服薬管理につながったそうです。

食事が、「療法」としてだけではなく、
人々の生活の営みや幸せを支える要素にもなっているからこそ、
薬局としての役割に広がりを持たせたのかもしれませんね。
                                    "えいようさん"のゆうさん

2018年7月28日 (土)

小さくてもいい、でも、しっかりと新たな一歩を!!

このブログをご覧いただいている方々は、既にお気づきと思いますが、

「えいようさん」は何人かおります。

リレー形式で綴ってきましたが、とうとう私の番となりました。

じつは、私は、管理栄養士でも栄養士でもありません。

ただの事務屋あるいは事務方です。

私なりに今までの歩みを振り返って見ます。


『出会いと別れの年(2016年)』

・細谷先生や会のメンバーとの出会い

・収穫のあったディーべート、先生の誕生日会

・そして突然のお別れ


『試行錯誤の年(2017年)』

・大きな喪失感の中、会の目的を確認しあう

・自分たちは何をしたいのか、どうしたいのか?

・具体的な活動は・・・?

・周囲への発信は・・・?

4回ほど合宿を行い話し合いました。


『展開の年(2018年)?』

・当ブログ開設

ブログ開設、前日のカラオケボックスでの会合が大きな節目となりました。

今、自分達が出来ることを、出来る範囲で発信していく。

発信したことの受け取り方は人それぞれ。

発信や活動を続けていくことが重要。

細谷先生のことを忘れずに、でも、私達のやり方で実践していく。


そんなことを真剣に話し合った、東京神田の夜でした。


                     えいようさんのHAKU

2018年7月23日 (月)

5月のある日 熱海で落ち合う

“何のために発信するの?” 一人がつぶやいた
他の2人は黙って・・・考えている



外観は金目鯛の赤で塗装された鉄道車両「キンメ電車」に乗り
一行は来宮神社で参拝
大楠の巨樹の生命力にあやかり木漏れ日からもパワーチャージ
美味しい海の幸で更にお腹もパワーアップ


“『人間栄養』の考えを知らせたい”
“考えを実践につなげた話を伝える?”
“こんな話をするための場所を増やしたいね”

文豪たちが投宿したという『起雲閣』の優美な邸内にあるカフェで話は続く

“食べたいものを食べ「おいしい」にこだわり元気でいたい”
いろんな食材があるけれど不老長寿や病気を治す万能な食品はないので
食べ方の工夫することに尽きる
つまり考えて食べること

“こんなこと発信したらどうなるのだろう・・・”


遊覧船で駿河湾を30分のんびり・・・
海上からの360度の眺めは熱海の街と箱根に続く山並みを見渡し
太平洋の大パノラマを目の前に夢は広がる

♪海は広いな 大きいな 逢ってみたいな たくさんの人♪

金色夜叉とお宮の松・・・ 寛一お宮の像にお目にかかる
意外と海岸ではない国道の緑地帯に建っていた
“百聞は一見に如かず”

♪熱海の海岸~♪散歩する・・・

“まずは発信してみることかなぁ”
“どうやって?”
“とにかく、みんなでもう一度考えてみよう!”

熱海の潮風に吹かれてそれぞれ帰途についた
                          “えいようさん”の伸助

2018年7月14日 (土)

託された想い その先に向かって

皆さんは「人間栄養」という言葉をご存知ですか?


言い換えます。

「人間栄養」の考え方を、言葉にして端的に説明することができますか?



平成28年7月30日(土)

「蝉時雨」

と言うよりは、蝉の鳴き声が肌に突き刺さって来るかのような 暑い!暑い!日

鎌倉の地で

私たちは、細谷憲政先生から、直接 膝を交える近さで

レクチャーを受ける機会を得て

「人間栄養」をどう伝えて行くかのヒントにするためにディベートに挑みました。

まずは、

「人間栄養学的な考え方」「食品栄養学的な考え方」の違い

について取り組んでみました。


この時は、

まだまだ もがいて、揺れて、相手の意見に思わず賛同したり・・・

(詳細は、 前回掲載の「ディベートは楽しい!」をご覧ください)


細谷先生は、

「栄養士も物事の 定義 を語り、

発言できるようにならなければ。

主張する時は根拠を持ち、

受け売りだけではいけない。

ディベートを重ね訓練して、

発言していくことを学びなさい。」と 




今年もまた 暑い!暑い!夏がやってきた。

蝉の声とともに 細谷先生から託された熱い想いが蘇ります。

私たちは、

「人間栄養」を『種』として育み、

今の時代にあった育て方、

情報の提供の仕方を実践の中でどう実現していくのか?

その使い方、

その具体的な術を伝えていく活動を広げ

管理栄養士として 

より良い支援者になるために これからも発信していきます!

                      "えいようさん"の 妃世