2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 「通いの場」に来る高齢者のイメージと生活機能 | トップページ

2020年7月21日 (火)

「通いの場」の検討をして 思ったこと

これまで「通いの場」や
そこに集う対象者について
それぞれの知る限りのイメージを膨らませきた。

そんな中で、私が感じたことを書いてみたい。


ヒトは、必ず年をとるけれど、
私は「どう生きるか」を心がけて、
なるべく元気でいることを意識したいと思った。

そう、
ヒトは、
視力や聴力の衰え、
身体の疲労や痛み、
集中力低下、
不眠、
身体の内面の不安や怒り、
落ち込みさえ感じる日々の中で、

年をとることで、思い通りにならないことが増えたとしても、
自分でワタシ自身の限界を認識できてくれば、
相応の「元気で過ごすこと」が大切だと思うのだ。


そんな通いの場は、
一見 いつも同じようなお決まりの挨拶しか交わさない雰囲気であっても、
実は、人と関わりが生活の張り合いになるような気がする。

自分で判断する気持ちの余裕を失い、
元気が出なくなるようなことが増えていく中で

他者と関わることで自分に向き合い、
自分を意識して自分の大切なことに気づく。

人々と関わる機会が増えることで、
考え方や視野が広がり、
それはきっと心も身体の「元気」につながるだろう。

多少の心身の不具合を抱えながらも
自らの意志で「元気」でいたいと願う方々が集う場、
それが「通いの場」であるのだろう。

だから、この「通いの場」に関わるかもしれない専門職は、
その場を利用する方々が保有する「気力」「体力」「元気」など、一見観察しにくい部分にも配慮する必要があるのではなかろうか。

食事や栄養に関する課題は、
これら気力、体力、元気のささいな変化に影響を受けていることもあり、
私たち管理栄養士は、
このような一見観察しにくい部分の些細な変化にも、これまで以上に「通いの場」では留意していこう。

その際には、正論を押し付けるのではなく、
遠回りでも、利用者の方が自分で行動を見つけ、どのように動くのか、
今できることを少しずつでも増やす、
そんな気持ちに寄り添ったアプローチが必要と考えた。

”えいようさん”の伸助

« 「通いの場」に来る高齢者のイメージと生活機能 | トップページ

通いの場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「通いの場」に来る高齢者のイメージと生活機能 | トップページ