2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 「通いの場」への人間栄養的なアプローチ  ~参加者イメージと管理栄養士の活動の検討~ その1 | トップページ | 「通いの場」の検討をして 思ったこと »

2020年5月20日 (水)

「通いの場」に来る高齢者のイメージと生活機能

前回では、「通いの場」での高齢者のイメージについて検討しました。


今回の作業では、
そのイメージをもう少し具体的に膨らませてみました。

「膝や腰が痛い」
「トイレが近い」
「耳が遠くなった」など、
歳を重ねることで起こる身体的変化は、
単なる「機能低下」の独立した事象として捉えられてしまうことがあります。

また、私たち栄養士の仕事とは関わりの薄い領域と思い、これまではスルーしてきたことではないでしょうか。

しかし、
このような機能低下によって引き起こされることを考えてみると、
どうでしょう?

これらの事象(あるいはその原因)によって、
調理や買い物などができなくなったり、
食生活が変化したり、
精神的ダメージを受けることもあるかもしれません。
生活全体のバランスが崩れていくきっかけになる事象です。

スポーツ栄養で考えてみましょう。
アスリートに栄養が必要なのは、
パフォーマンス向上は言うまでもなく、
トレーニングに耐え得る身体を作るためです。

同様に、
日々の生活にも
筋力や持久力を支えるだけの栄養状態を保つ必要があります。

高齢者の機能低下の先に待ち受けるものを想像し、
その人の「どう生きるか」に関わっていくことが、
我々管理栄養士の役割ではないかと思います。

今回、
私たちが参考にしたのは、
ICF(WHOの国際生活機能分類)です。

その中では、
生活機能とは生きることの全体像であると捉えています。
また、フレイルや嚥下障害などのリスクを軽減するといった
「マイナスを減らす」ことより、
本人の意思や個性を尊重し、
今できることを実行する「プラスを増やす」ことに重点を置いています。

厚労省のHPで、
社会保障審議会(統計分科会生活機能分類専門委員会)の資料が閲覧できますので、
興味のある方はどうぞご覧になってください。

 

まだまだ作業を続けていますので、またブログでその経過を報告しますね。

 

”えいようさん”のhasebe

« 「通いの場」への人間栄養的なアプローチ  ~参加者イメージと管理栄養士の活動の検討~ その1 | トップページ | 「通いの場」の検討をして 思ったこと »

通いの場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「通いの場」への人間栄養的なアプローチ  ~参加者イメージと管理栄養士の活動の検討~ その1 | トップページ | 「通いの場」の検討をして 思ったこと »