2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 「通いの場」への人間栄養的なアプローチ ~参加者イメージと管理栄養士の活動の検討~ その2 | トップページ | 「通いの場」に来る高齢者のイメージと生活機能 »

2020年4月16日 (木)

「通いの場」への人間栄養的なアプローチ  ~参加者イメージと管理栄養士の活動の検討~ その1

皆様 こんにちは

これまでの2回のブログで、
これから研究会で
「人間栄養的な関わり」
を具現化するフィールドとする
「通いの場」の現状、背景について紹介しました。


その中で、
健康寿命の延伸のため、
今、厚生労働省から、
管理栄養士は、地域の主体的な活動である
「通いの場」にリハビリテーション専門職の一員として
活動に参画することを求められていると知りました。

さらに、
「通いの場」での
管理栄養士の活動は、
最終的には高齢者の低栄養状態の回避にあるものの
単に栄養リスクの評価、介入が求められているのではなく、

「地域リハビリテーション」の考え方に基づき、
他職種と協力し、
高齢者が自身の低下した機能を補い、
再び生き生きとした生活を送れるようするための活動であることも知りました。


そこで、研究会では、
「通いの場」への人間栄養的アプローチ方法として、
「“参加者らしさ”を尊重し、他職種の活動にも役立つ栄養アセスメント項目の提案」を
目標に活動することとしました。 

まず、初めに取り掛かったことは、
「参加者らしさ」の共有でした。

「通いの場」に参加される高齢者のイメージを、
これまでの様々な高齢者との関わりを元に協議した結果、
見た目は自立、
外出意欲があり、
多くが女性で、
積極的な高齢者が浮かんできました。

活発な元気高齢者のイメージですが、
身体機能面にについて検討をしてみると、
「座位が苦手」、
「膝が痛い」、
「視力が弱く資料が読みづらそう」、
「長時間立つプログラムには参加しない」、
「トイレが近い」、
「判断に時間がかかる」
など、個人差はあるものの 機能の低下例がたくさん上がってきました

皆さんが、思い浮かべる高齢者のイメージも、そう違わないのではないでしょうか?

 

「通いの場」に来られる高齢者のイメージ

この人々をしっかりイメージできた次のステップを、次のブログでお伝えしたいと思います。

”えいようさん”の惠

« 「通いの場」への人間栄養的なアプローチ ~参加者イメージと管理栄養士の活動の検討~ その2 | トップページ | 「通いの場」に来る高齢者のイメージと生活機能 »

通いの場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「通いの場」への人間栄養的なアプローチ ~参加者イメージと管理栄養士の活動の検討~ その2 | トップページ | 「通いの場」に来る高齢者のイメージと生活機能 »