2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読んでくださる方へのお願い

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 他の職種は“人間栄養”をすでに知っている??? | トップページ | 指導時間内でできる「人間栄養的」栄養指導 »

2019年10月11日 (金)

ご近所さんとの食事の話しから見えてきた、2度目の「人間栄養」への気付き

前回のブログでは、
栄養士自身が「人間栄養」への気付きについて書きましたが、

2度目の「人間栄養」の気付きが、
ご近所さんとの会話から見えて来たことを書いてみたいと思います。

ある時、ご近所さんから 
食事の話を聞かせて欲しいと、声をかけてもらい
友人宅で食事の話をさせてもらいました。

以前に、私が地元の市より依頼があり、
介護予防教室の栄養講話を話をしたのですが、

その受講者の中に ご近所の顔見知りの奥様達が数人参加されていたため、
そこから話が伝わったことがきっかけでした。

以前から、私は栄養士の仕事をしていることを、
それとなく話をしていましたが、
その方々は、私の講座を聞かれて、よりじっくりと聞いてみたいと思われたようでした。


ご近所さんの年齢は、概ね70歳代。
民生委員や、
子育てスペースでの保育ボランティア等の活動をされている方、
体操サークルに参加したり、家庭菜園で熱心に野菜作りを楽しんでいる方等々  
10名の方が集まってくださいました

顔ぶれは、70歳代女性でしたので、
主なテーマは 「フレイル予防~これからも 自分らしく過ごしていくために」としました。


私は、
「人間栄養」の視点から、食事について 話しかけていきました。
皆さん 熱心に聞いてくださいましたが・・・

講話の後の雑談の中から見えてきたことは、
ご近所さんも「食品栄養」からの健康情報に大きく影響を受け
振り回されているんだなぁ~ っと!

テレビ等からの情報により 
食に関する大量の健康情報が、繰り返し、繰り返し流れ、浴びせられ いつしか 刷り込まれていく。。。。。

 

何のために 選ぶのか?
自分にとって必要な優先順位であるのか?

納豆 きな粉 酒粕 麹
ごぼう茶  青汁  えごま油    

次々に出てくる「体に良い食品」

ご近所さん: 何だか良さそう! テレビで 体に良いって言ってた
栄養士:   何に良いって 思って食べているの?
ご近所さん: 分からないけど 何だか良いみたい


健康情報には、いろいろ気を配って、
そう、家族の食事も 気を配って、皆作っているのだが、、、

本人は、お菓子が大好きで、お昼ご飯をお菓子で済ませていたり、
何となく1日2食で済ませていたり・・・するのだ。


食の捉え方、考え方が、その人にとってどうなのか、、ではなく、
良さそうな機能を持つ食品、つまりズッポリ「食品栄養」の視点で 語られているのだ。

繰り返し 流れてくる、強烈な「体に良い食品情報」「ダイエット情報」・・・・。

 

その意味するところは、健康情報が氾濫する今の現状では、
健康や食に関心のある方々であっても、つい「食品栄養」だけの視点で考えてしまうのだ。

それでも私は、「食品栄養」だけの視点ではなく、その方にとってどうなのかを、支えてあげたいと思うのだ。

そんな人と対面した時、管理栄養士の私は、
どんな言葉をかければ、その方の大事なことを、引き出していけるのだろう?
「体に良い」という膨大な食品情報の厚くて定かではない殻に埋もれた方の、
漠然としたその殻を脱がし、気づいてもらうためには?

その人らしく 生き生きと過ごしていくために
「あ~ こうすれば良いのね!」 
心を揺さぶる スキルを 磨いていきたいと思っています

“えいようさん” の 妃世

 

« 他の職種は“人間栄養”をすでに知っている??? | トップページ | 指導時間内でできる「人間栄養的」栄養指導 »

人間栄養だと気づいたとき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 他の職種は“人間栄養”をすでに知っている??? | トップページ | 指導時間内でできる「人間栄養的」栄養指導 »