2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 実感するまで時間がかかった「人間栄養」 | トップページ | ICU(集中治療室)で実感した人間栄養 »

2019年9月15日 (日)

十五夜の頃

皆さま
いかがお過ごしですか?

昨日は満月、その前の日は「中秋の名月」でした。
今年は、満月と十五夜の日がずれていますね。

国立天文台のホームページで調べてみると、
「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。
太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になるので、
今年は8月30日(新月の瞬間は19時37分)が太陰太陽暦の8月1日、9月13日が太陰太陽暦の8月15日となるようです。

一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間の月のことを指します。
この瞬間は、今回、9月14日13時33分に満月だったので、結果として満月と十五夜がずれました。

夜空の月は、とても美しく、つい眺めながら、月の中にウサギさんを探してしまいました。


昨日、車で移動をしていたら、特定のエリアではあったものの、車窓から稲刈りの様子が見えました。
そんな時期になりました。

地方では、あちこちで収穫祭やお祭りが開催される時期。
収穫を祝う伝統が、まだまだあちこちに残されていますよね。


管理栄養士の仕事は、ある意味、食事を選択できることが前提になっているところがありますよね。

その選択できる食の豊かさは、この秋の収穫の時期がとても影響しているのだと思うと、
ここにある文化と、私たちの仕事のつながりを、
切り離すことは、できないのだと感じます。

中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。
食欲の秋・・だけではありませんね。

”えいようさん”のゆうさん

 

« 実感するまで時間がかかった「人間栄養」 | トップページ | ICU(集中治療室)で実感した人間栄養 »

ブログのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実感するまで時間がかかった「人間栄養」 | トップページ | ICU(集中治療室)で実感した人間栄養 »