2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 平成から令和へと時代が変わる中で ~疾病を改善する影響を与える成分が含まれる食品開発の勢いを眺めつつ~ | トップページ | 「魔性の女」 から 「立つ女」へ、 「ダサい女」から 「できる女」になるために »

2019年5月17日 (金)

患者さんの想いを知る(保健指導編)

糖尿病性腎症重症化予防対策として、
対象者にどのようにアプローチしたのかを振り返ってみた。


Bさんは30代の頃に健診で高血糖を指摘されたが、
その後は受診と中断を繰り返し、
50代で脳梗塞を発症し入院。

退院後の数年間は受診を拒否していたが、
外傷のため近医で加療したことを機に、
糖尿病治療中断者として受診勧奨の対象となる。

随時血糖値195mg/dl、HbA1c7.4%であった。

行政の管理栄養士が初回面談を実施したところ、
経済的理由で受診を中断したことが分かり、
また、理由を詮索されることや1回の受診に時間がかかりすぎることも
医療から遠ざかる理由であると本人が話された。
(この方の居住地から病院までは1日2往復の乗り物があるだけで、
間に合わなければ夜まで帰宅できない。)


この方へのサポートは、
①失効した保険証を復活させる手続き、
②専門医への受診をご本人に受け入れていただくこと、
を優先した。

何度か電話でお話しするうちに気持ちがほぐれてきたのか、
糖尿病に対する恐怖で受診しなかったことや、
本当は元気になって働きたいと思っていることなどを打ち明けてくださった。

それから数日後に受診を確認したと、
病院の地域連携室から伝えられた時にはホッとした。

その後の面談で、
不規則な生活で欠食も多かったBさんは、
「朝食に何か食べましょうよ。」
という提案をすんなり受け入れ、
その後はご自分から連絡してくださるようになった。

「今日は○○を食べてみた。」とか
「~まで歩いたら爽快だった。」
など変化を楽しんでいる様子を何度かお聞きした。

そして1年後には
HbA1cが6.4%にまで改善し、
現在も定期受診を続けている。

受診勧奨など
栄養士がサポートすることではない、と思われるだろうか?

対象者が自分の病気と向き合い、
よりよく生きたいと望むなら、
改善を行うためのアプローチとして、
今回の事例もまた栄養士の役割であったのだと
私自身は思っている。

”えいようさん”のHasebe

« 平成から令和へと時代が変わる中で ~疾病を改善する影響を与える成分が含まれる食品開発の勢いを眺めつつ~ | トップページ | 「魔性の女」 から 「立つ女」へ、 「ダサい女」から 「できる女」になるために »

人間栄養を考えるワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成から令和へと時代が変わる中で ~疾病を改善する影響を与える成分が含まれる食品開発の勢いを眺めつつ~ | トップページ | 「魔性の女」 から 「立つ女」へ、 「ダサい女」から 「できる女」になるために »