2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 「アレンジ"力"」というスキル | トップページ | 患者さんの想いを知る(給食業務編) »

2019年3月20日 (水)

人の気持ちを動かす

人の気持ちは人に言われても動かない


だから、まず対象者の良いことだけに集中する
前向きに、否定的にならず、良い行動を見つけることだけに集中して、褒める


「褒める」ことは上からものを言う評価ではない

よい習慣や心がけ、行動、たとえ始めたばかりでも
対象者のよい行動を素直に褒める

褒めることは、時に、慎重に憶病になるが、
対象者の心がほぐれ、やる気につながる
双方の距離もぐっと縮まる


人は何かを変えようとする時
よくも悪くも感情がやる気に大きな影響を与える
だから褒め方上手のくふうが大事


何かを変えようとしてもなかなか達成まで難しいこともある
けれど、食事や日常生活の中でできる小さなことを繰り返していけば
心も身体もよりよくなっていく


できるだけ食事や生活を大きく変えなくても
対象者の変えたい[願い]につながることを見極めるのはこちらのつとめ
変えたい[願い]を心に、少しだけ丁寧に日常生活を送るのは対象者のつとめ

双方の力を合わせてよりよい未来を創る

健康への取り組みにはおそらくゴールはない

健康を願うなら試行錯誤し続けるのは本人のつとめだけれど
知らないことを知る、考え方が柔軟になる、納得する


そんな関りが思わず人の気持ちを動かすことがある
"えいようさん”の伸助

« 「アレンジ"力"」というスキル | トップページ | 患者さんの想いを知る(給食業務編) »

人間栄養を考えるワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アレンジ"力"」というスキル | トップページ | 患者さんの想いを知る(給食業務編) »