2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 対象者を想う心から 始まっていく | トップページ | 「人間栄養」と対象者の想いを推し量ること »

2018年9月30日 (日)

「私の父と専門家」と家族の視点

80歳を迎えた父は、入退院を繰り返すようになりました。

好きなときに好きなものを食べていたために入院となり、

いつも糖尿病による高血糖と診断されました。


数週間後の退院時、父は母と一緒に栄養相談は受けるのですが、

父は元気になって退院した後も、好きなものを買い物して、

自分で好きなものを食べてしまうことは止められませんでした。


父が好きなものだけを食べないで済むよう、父や家族ができることを

1つだけでも管理栄養士の方と一緒に考えておけばよかったなと

今振り返ると思います。

 

父を見て思ったのは、理論的なことは十分に理解できていても

 

それを妨げる想いや行動があり

よいと思われることができないのには理由があるのではないかということでした。

私は管理栄養士ではないので、食事内容について血糖コントロールのために

何をすればよいかわかりません。

管理栄養士の方と一緒に、父の想いやできない理由も話し合いながら、

 

高血糖にならないためのよいアイディアを考えられたなら

よかっただろうと思っています。


"えいようさん"のあい

« 対象者を想う心から 始まっていく | トップページ | 「人間栄養」と対象者の想いを推し量ること »

人間栄養を考えるワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 対象者を想う心から 始まっていく | トップページ | 「人間栄養」と対象者の想いを推し量ること »