2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 実践者の腕の見せ所 | トップページ | 対象者を想う心から 始まっていく »

2018年9月10日 (月)

相手の想いを聞く事例

9月のある日の栄養相談。
このクリニックでの栄養相談は初めての62歳の女性、A子さん。
糖尿病の方で、この4か月でHbA1cが7.1%から13.3%に
急上昇してしまったとのこと。

私   「先生は何かおっしゃっていましたか?」

A子さん「はい、インスリン注射は次回に決めましょう・・・と。
     私、インスリン注射には抵抗がないんです。」

多くの方はインスリン注射を不安に思うのに、
この方はなぜ、インスリン注射に抵抗がないと言うのだろう

HbA1cは最近になって急上昇しているけれど、
生活や食事に何か大きな変化があったに違いない…



私   「4月にはHbA1cが7.1%だったので、
       また、このくらいの数値に戻して行けるとよいですね?」

A子さん「……戻せるのなら戻したいです。
     検査結果を聞いたあと、先生がインスリン注射とおっしゃったので、
     こんなに悪くなったら、インスリン注射しかないと思いました。
     もう覚悟を決めるしかないと…。」


「インスリンに抵抗はない。」と言ったのは、
不安な気持ちを隠して、現状を受け入れようとした覚悟のあらわれ。
しかし、この方の今の希望はHbA1cを今よりもよくしたい、ということ。


私     「治療方針は先生がお決めになることですが、
       来月の受診まで、○○さんができることを見つけてやってみませんか?
       4か月前の4月にはHbA1cが7.1%だったということは、
    生活や食事の仕方によっては、今もそれだけの対応ができる
    可能性もあると思いませんか?」

A子さん「HbA1cは戻ることはできるかもしれないのですね。
     今年の夏はとても暑かったから、ジュースやシャーベットアイスを
     食べ過ぎたかもしれない。
     今まで飲んだことがなかったけれど、とても気に入ったジュースがあって
     水の代わりに毎日飲んでしまったし、アイスも小さいけれど食べるように
     なった。」

私       「今年はとても暑かったので、毎日アイスも食べたくなったのですね。
         ジュースやシャーベットなど吸収のよい糖を何度も食べれば
         その都度、余分に血糖値が上昇してしまいます。」

A子さん「夏になってから毎日、8月になってから1日に何度もジュースやアイスを
     食べていたから、HbA1cが高くなってしまったのかもしれないです。

     もうジュースもアイスもやめます、できます。」

  対象者の想いを考えながら栄養相談を進めればいいと思う。

  その人に、自分が疑問に感じたことや思ったことを問いかければいいと思う。

  その人に答えを聞けば、その人の想いがしっかり伝わって来る

  その想いは、時として行動を変えるきっかけや目標になることが多い

  次の機会があるからこそ、A子さんの決意に任せられる。
  次回はA子さんの決意がどれだけ実行できたか聞いてみよう。
                                     "えいようさん"の伸助

« 実践者の腕の見せ所 | トップページ | 対象者を想う心から 始まっていく »

人間栄養を考えるワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実践者の腕の見せ所 | トップページ | 対象者を想う心から 始まっていく »