2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 人間栄養の実践に向けて   | トップページ | 相手の想いを聞く事例 »

2018年9月10日 (月)

実践者の腕の見せ所

これから「実践」について、このブログに書き留めていこうと宣言したものの

「どのように表現していこうか」
この部分が、最も難しい。
様々な事例を抽象的に概念的にすれば、一般化はできる。
わかった気にもなるだろう。
しかし、このブログを読んでくださる実践者の方々の役に立つかどうかは、その方次第だろう。
それは、その方の経験に基づく「解釈」が入ってしまうので、
読み解いた結果は人それぞれで、不安定だ。

ある医師がTwitterでこのような言葉を発信していた。
"エビデンスのない治療を行う医師は最悪。これは間違いない。

 ただエビデンスに基づいた治療のみを追求する医師も良くない。

 大事なのはエビデンスの高い治療を目指すが、

 患者の既往症/年齢/本人家族の希望によって治療を最適な形に変えることが大事。

 修正不要な場合は簡単。修正が必要な場合が腕の見せ所"       大須賀 覚

私たちは、医師ではないけど、こういうことが大事だと思った。

これから、
"実践者の腕の見せ所“を、事例と概念整理や理論で整理して、
皆さんに届くように、綴って行きたい。
                          "えいようさん"のゆうさん

« 人間栄養の実践に向けて   | トップページ | 相手の想いを聞く事例 »

人間栄養を考えるワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間栄養の実践に向けて   | トップページ | 相手の想いを聞く事例 »