2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 今日を生きる。 | トップページ | 夏休み »

2018年8月13日 (月)

細谷憲政先生の3回忌に寄せて

「次のディベートは、もっとうまく行くと思いますよ。
 じゃぁ、また近いうちに打ち合わせしましょう。」

先生との最後の電話は2年前の8月13日の午後。
先生は最後まで未来を見つめていました。


私達は2年の間で何ができたでしょうか?

“細谷先生が提唱された「人間栄養」について、もっと知らせて行きたい“
そんな思いから、「人間栄養を考える会」を作り、先生をお迎えしました。

そして、自分達の言葉で「人間栄養」を語れる仲間を増やし、
発信していくことをめざしました。

幾度かの準備を重ね、「人間栄養実践研究会」が昨年9月に発足。
研究会の管理栄養士達が「人間栄養」の定義とその必要性を
充分、共有するまで数回の合宿を重ね、
私たちなりにこの2年間、「人間栄養」の定義を考え続けました。
そして、発信していくためのブログを始めました。

**************************************************************
「人間栄養」とは
目の前にいる「人」の健康・栄養状態を観察、把握、評価し、
その上で、日常的に食べている物や食べ方が「人」の体内でどのように
作用しているかを評価しながら、「人」がよりよく生きるための
栄養状態の改善に取り組むこと

「人」は『よりよく生きる』ことを望んでいるかもしれません。

「人」は食べることや食べ物に対して、
それぞれに『信念』を持っているかもしれません。

「人」は食べることを通して、“健康になりたい”、”病気をよくしたい“等、
それぞれの『想い』を持っているかもしれません。




一つだけ確実に言えることですが、
「人」はたとえ同じように食べても、体内での代謝や作用には個人差があり、
体格や血液検査結果等のアウトカムに違いが生じます。

「人間栄養」はこれらの『信念』や『想い』を最大に尊重しつつ、
「人」のアウトカムと、「人」の食べている物や食べ方との関連を見ながら、
『よりよく生きる』ための栄養改善の取り組みとも言えます。

『よりよく生きる』とは、
将来の健康状態の悪化や疾病の発症・重症化のリスクから
できるだけ遠ざかって、人生を歩むということです。

『信念』や『想い』があって当然です。

食べることも「人」それぞれでよいのです。

『よりよく生きる』、それぞれの状況から少しだけ上をめざせばよいのです。

***************************************************************

2年を経て、ようやく私達なりに「人間栄養」の考え方を言葉にできたように思います。



「定義」が重要であるとおっしゃっていた細谷先生に直接、これでよいのか
お聞きすることができなくなってしまったけれど、

これから、私達なりの「人間栄養」の考え方を発信し、「人間栄養」を実践している
事例について、多くの方々と語り合いたいと思います。

                                                                               "えいようさん"のミッシー

« 今日を生きる。 | トップページ | 夏休み »

細谷先生のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日を生きる。 | トップページ | 夏休み »