2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« 半健康 ~half and half~ | トップページ | 託された想い その先に向かって »

2018年7月 8日 (日)

「ディベート」は楽しい!

7月も終わる頃、私達は再び鎌倉で細谷先生を囲みました。

今回は、初めての「ディベート」に挑戦です。

肯定派、否定派、ジャッジの3者に分かれ、
論題を決めて反駁(はんばく)します。

反駁(相手方の意見に反対して論じ返すこと)、、、、難しい言葉ですね。

ディベートの目的は、ジャッジを説得することであり、
相手を言い負かすことではありません。
そこをきちんと踏まえて、何事もやってみるべし!


論題はもちろん、「人間栄養は必要か?」


肯定派の立論から始まり
敵?の意見に思わず賛同したり質問してみたりと、
白熱した議論が交わされた30分間でした。
(論駁の内容は、またいつか。。。)




細谷先生は、
「栄養士も定義を語らなければダメだ。
発言していきなさい。
主張するときには受け売りではなく、根拠を持って語りなさい。
ディベートを重ね、訓練して、発言することを学ばなければいけない。」
と仰って、このディベートが実現しました。



それから半月ほど経って、、、、、
私達は細谷先生の訃報を知ることとなり、

これが先生との最後の勉強会となりました。

あの力強く情熱的な語りを、
この耳はもう聞くことができなくなったのだ
と思い知らされた喪失感・・・


突然の出来事から私達が再び歩きはじめるまでに、しばらく時間が必要でした。

                        "えいようさん"のHasebe

« 半健康 ~half and half~ | トップページ | 託された想い その先に向かって »

細谷先生のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半健康 ~half and half~ | トップページ | 託された想い その先に向かって »