2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人間栄養のこと

無料ブログはココログ

« はじめまして | トップページ | 半健康 ~half and half~ »

2018年6月24日 (日)

細谷先生がやってきた!

あの日のことだった。
鎌倉の小町通りを少し入った路地の奥に、その店はあった。

雲のない冬空に雪片がちらつく午後、私たちを迎えてくれたのは、どこか懐かしい匂いのする古民家だった。

「初めまして」と何度か繰り返していると・・・・・「先生がお見えになりましたよ。」の声。

隣室の引き戸を開けると、大きなテーブルの向こう側に両手いっぱいの資料を抱えた細谷先生の姿があった。

私はガチガチに緊張するものと思っていたが、お偉い先生方にありがちな近寄りがたいオーラ?を、細谷先生はまるで感じさせない方だった。

そして、私たちが集うことを待ち構えていたように、先生は4時間あまり喋りまくった。

Ichigoichie

ご自分の著書だけでなく、WHOの記事や新聞の切り抜きなど、たくさんの資料を用意してくださり、保健施策から人間栄養を現場で実践していくことの必要性まで、難しいことをとても丁寧につたえてくださった。

学生時代に学んだ「公衆栄養学」の著者である細谷憲政先生にお会いして、直接お話を伺うことができるなど、私には思いもよらなかったことだ。
このチャンスを与えてもらったことにとても感謝している。
自分にこれから何ができるのか、何をやらねばならないのか、私に与えられた役割を見つけるために頑張ってついて行こう、と思った。
 
                                         "えいようさん"のHasebe

« はじめまして | トップページ | 半健康 ~half and half~ »

細谷先生のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめまして | トップページ | 半健康 ~half and half~ »